Lazybug - Journal

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | コメント(-)

映画「借りぐらしのアリエッティ」 

今日は朝いちでアリエッティ観てきました。
ジブリ映画はなぜか毎回兄と2人で観てましたが、前回のポニョから兄嫁が加わり、しかも今年は夫が平日休みになったので、今日は4人で観てきました。(ちなみに兄と夫は同じ職場)
2人の仕事は夏が一番忙しい時期で、体力的に休みの日はたくさん寝ておかないともたないので、午前中に観てお昼ご飯食べて解散。13時過ぎには帰宅。

いやぁーー可愛かった!


2010-08-05-1.jpg



ジブリの映画はいつもすごく短く感じますね。

監督が宮崎駿氏じゃないので少々覚悟して観たのですが、題材が好きなタイプだったし脚本は宮崎氏だったからか、私はすごく楽しめました。
いや、別にそれだけが楽しめた要因ではないはずだけど。





とにかくミニチュア(私たちにとってはだけど)の数々というか、彼らにとっては大きすぎるものも工夫次第でこんな風に使ってるのね・・とか、そういう事につい目が行ってしまいます。

人間だったら数歩でたどり着く所にも彼らにとってはかなり遠い。
でも家の壁の蔦をつたって(シャレじゃないよ)2階に昇ったりします。


人間に姿を見られてはいけないという掟がありながらも、少年と仲良くなって楽しく過ごしたりするのかなぁ・・とか勝手に思ってたのですが、思ったよりも知り合ってから別れの期間が短かったです。
想像よりも厳しい世界というか。

最後はなんだか甘酸っぱく(笑)て切なくて、清々しい様なそうでないような・・・・


こんな事が経験できたらいいなぁーと宮崎アニメでは毎回思いますが、今回も例に漏れず「探してぇー」と強く思いました。
こんな小さくて誠実な人たちに会えたら一生良い友人として大切にする・・・っていうかしたいのになぁ~。


世間では賛否両論あるようですが、私は好きでした。

ただ、今回は主題歌があまり好みじゃないというか。いいとは思うけどまぁ別に・・というか。


ジブリ映画は背景がいつも息を飲むほど美しいので、それも楽しみにしているのです。


さて・・・・次はいつなのかしら。というか、題材は何かしら~





[ 2010/08/05 15:29 ] Movies | TB(1) | Comments(6)
予告どおり見に行かれたんですねー。
ウチはなんだかうまいこと全員揃う日がなかなかなくて、
なんとなく見に行かれずにいます。
監督が宮崎監督じゃないってのもちょっとひっかかってたりもしますが、
Ayakoさんは気になりませんでしたか。
先入観持ちすぎなのかな。
なんだかんだいってDVDが出るのを待つことになりそうな気がします・・・

どこかのブログで、
「その日暮らしのアリエッティ」という言いまつがい(?)を見てから、
ついつい思いだして一人でプッとふいてしまいます。
イカンなー。
[ 2010/08/05 19:32 ] toga [ Edit ]
ふふふ、観に行きました~

お子さんがもう大きくなってしまうとそれぞれに予定が入りますからねぇ~難しいですよね。
監督が宮崎氏じゃない件については・・・なんというか、欲を言えばもうちょっと深みがあった方が・・・とか思いますが、でも充分楽しめましたよ。ジブリ作品としてみればあまり気になりません。

DVDでもいいと思いますけどね~
でも私のように背景好きとかだったらやっぱり映画館の方がいいと思います。

その日暮らし(笑)
どんだけギリギリの生活してんだよって感じですね。
「言いまつがい」も懐かしいです(笑)
[ 2010/08/07 15:00 ] Ayako [ Edit ]
うちも今週あたり観に行こうかなぁと思ってるところ!
うちの子供たちが観に行きたくて仕方ないんだよね。
(実は私のが観たいんだけど…笑)

予告編だけでも好きそうな感じなので楽しみだわ~~。
お家?お庭?がホント素敵だね。

↑「その日暮らしのアリエッティ」!!
私もぷぷっと吹き出してしまったよ~~(笑)
[ 2010/08/11 22:05 ] yurinippo [ Edit ]
私、昨日も観に行っちゃったわよ(笑)
なんか母が「ママも観たかったのに・・」っていじけるので付き合いで2回目。

私もこの手のストーリーは大好物なので、ずっと楽しみにしてたんだぁ~
お家もお庭もすごい良いよぉーこんなお家欲しいね、かなり。
お手入れは大変そうだけどねぇ~
お庭も手入れしすぎて無い感じがすごく良い。

その日暮らし(笑)
どんだけ無計画なんだよって感じよね。
[ 2010/08/12 21:02 ] Ayako [ Edit ]
残念ながら、私は「いまひとつ」という感想でした。
もちろん、美しい画像にはいたく感動したんですが、物語に力がなかったかな、という印象。

物語の少年・翔も、きっとAyakoさんのように、小人たちと大切な友だちとして付き合いたいと思ったんだと思うけど。
それが小人たちの側からすると受け入れられないことなんじゃないかな。それが、この映画の原作を特徴づけてるルールなような気がします。
しかし、この世界にあの(小人の)サイズで存在するって大変でしょうね
~・・・。
[ 2010/09/13 20:22 ] lazyMiki [ Edit ]
うんうん、いまいちっていう感想の人が多いみたいですねぇ~

物語は・・・確かに大きな波というか、ドラマチックな展開はあまりなかったですよね。なんというか、ふむふむと観ていると終わるというか。
でも私はそういうのも嫌いじゃないんですよ^^

確かに!この世界で生きていくのは人間ですら大変なのにあんなに小さかったらねぇ~。
下手に川とかで遊べないですよね。毒が混じってそうで。あ、そういう事じゃなくて?(笑)
[ 2010/09/14 11:59 ] Ayako [ Edit ]
Post your comment














管理者にだけ表示を許可する
Trackback
http://lazybugjournal.blog112.fc2.com/tb.php/594-76518cff

毎年楽しみなジブリのアニメ。 今年は、メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」が原作でした。
[2010/09/13 20:25] 本と旅とそれから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。