Lazybug - Journal

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | コメント(-)

映画「パラノーマル・アクティビティ」   

久しぶりに映画カテゴリを更新する事が出来て嬉しいです。

けれどこの映画は・・・・・怖かった(泣)

昨日「パラノーマル・アクティビティ」の試写会に行ってきました。




わずかな制作費でおまけに最初はレイトショーのみの公開だったらしいですが、公開後5週目で全米1位になったらしいです。
わーー大もうけだなぁ~~って言ったら、「そこ?」と夫に言われてしまった私・・・。


若い時はホラーモノが大好きで、怖い怖いとトイレにも行けないくせに観たがっていましたが、最近は昼間家に1人でいる時にとっても怖くなってしまうので、ホラー映画やドラマなどは絶対観ないようにしていたんです。

けれど、試写会の券があったし・・・・映画も久しぶりだし・・・・夫も行こうと言ってるし・・・みたいなね。

でもこの映画情報は↑の事とかホラーモノという事ぐらいしか全く知らなかったし、まぁ大丈夫だろって感じで観てしまったら・・・・



とりあえずすごく怖くて思いっきりネタバレしたい気分なので、「MOREあり」にします。

1/30日公開ですので、観る予定のある方は↓は読まないほうが絶対にいいです。


予告編はこちら↓↓





以下ネタバレです。
















登場人物は4人。

若いカップル、ミーカとケイティ、友人、霊能者、のみ。

カップルは同棲していますが、どうも目覚めた時に家の様子が変わっていると彼女が言い出して、彼の方がだったらビデオ撮影しようってことでカメラを設置します。

彼女の方は8歳の頃に霊体験をしてから、家が火事になり引っ越したりしてコレがはじめての経験じゃないのだけど、彼の方はまだちょっと信じてない感じ。
面白半分に撮影して、何かが写ったらもうけもんみたいなノリで、ちょっと観ててイライラします。

彼女は霊能者に連絡して家に来てもらい、自分が子供の頃に体験した事や最近家で起こっている事を話します。
が、この人はあくまでも霊と話が出来る人であって、霊は元々人だった存在。
人相手に交信したりはできるけど、どうも彼女についているのは、人ではなく所謂「悪魔」。
悪魔は私の専門じゃないし出来ないから、助けになる事は出来ないと帰ってしまう。

変わりに悪魔祓い専門の人の連絡先を教えてもらうものの、彼氏は大反対。
そんなオカルト狂いのヤツを呼ぶなーって。

彼女は事態が悪化したら絶対連絡するからと言って少しの間我慢する。

そんな中、四六時中カメラを回している彼ですが、寝ている間の録画映像におかしなものが写り始めた。

ドアが勝手にギィーーと動いたり、変な音がしたりと。

彼女が悪夢で飛び起きたあと、階下からドンと何かが爆発するような音がいきなり聞こえたり。

彼氏もだんだん怖くなってきたのか、誰もいない部屋に向かって、「コレしかできないのか!それで終わりか!」と挑発するような言葉を連発。

彼女は怒らせたら怖いからやめてと止めますが、俺がやっつけてやる!と小学生男子のような発言!

その夜の映像には、彼女が起き上がって30分以上も彼を立ったまま見つめた後、部屋を出て行った様子が写されていた。
隣に彼女がいないことに気が付いたミーカが庭のぶらんこに座っている彼女を見つけ、呼び戻そうとするが、ここにいたいと言い張る彼女。
だったら自分も一緒にいると言い、寒いので毛布を取りに家の中に戻ると、また変な物音が。
慌ててその場に行くが、テレビが勝手についているだけで何の姿も映らない。
背後の気配に驚いて振り向くとケイティだった。
何してるの?と不思議そうなケイティ。
翌朝はなしてみると、彼女は自分がとった行動を一切覚えていなかった。


彼はウィジャボードで交信しようと言い出すが、前に霊能者に止められていた。
こちらから招きいれることになるから絶対にだめだと。
彼女も絶対にダメと言っていたが、屁理屈をこねて結局手に入れてきた彼。

彼女が激怒して家を出て行くといって飛び出していった。
彼が追いかけますが、カメラはそのまま回っていた。

※ウィジャボードとは、日本でいうこっくりさんのようなもので、木の板にアルファベットとか、YES,NOとか書いてあるものです。

誰もいなくなった部屋でウィジャボードの文字を刺す部分がひとりでに動いたなぁ・・と思ったらいきなりボッと火がついた!
もしかしてこういう感じで小さい頃に住んでいた家が火事になったのかなぁ・・・と思いましたが、結局コーヒーテーブルの上で火は燃え尽き、ウィジャボードの上に焦げあとのメッセージが残った。

彼は色々解読しようとするがなかなかうまくいかない。

明日悪魔専門の霊能者に電話すると決意した彼女。
その晩、彼氏は廊下にパウダーをまき始めた。

目には見えないが何かが入ってきたら足跡が残るはずだと考えた模様。
お、この彼にしてはグッドアイディア?

その夜、階段を昇るようなドンドンという音と共に、パウダーの上にパタ・・・パタ・・・と足跡が・・・
大きな大きな鳥のような3本の指のような変な足跡。

物音で起きた彼は、彼女が止めるのも聞かず足跡の元を追う。

物置の天井が1つずれていた。

彼女が必死で止めますが、彼が入らないからといい脚立にのぼって覗くことに。

カメラのライトで見回しますが、特に変わった様子はない。

ただ、遠くの方に何かが落ちている。

すぐに戻るから・・・と取りに行く彼。戻ってきた彼の手には・・・・なんと小さい頃の彼女の写真が握られていた。

火事のせいか写真の縁に燃えたあとがある。


8歳の時に住んでいた家の前で撮った写真で、この家にあるわけがない・・と恐怖におののく彼女。


翌朝、悪魔祓いの人に電話をするも、海外に行っていて数日間は戻らないとの事。
前回来てもらった霊能者にもう一回来てもらうが、その人は来た瞬間、「これは・・・私の存在に怒っているからすぐに帰らないといけない、私じゃ力になれない」と言ってすぐに帰ってしまう。

がっかりしたケイティ。2人とも寝不足でイラついている。

彼はウィジャボードのメッセージを解読しようとコツコツやっていたらしく、60年代の記事にたどり着いた。
ケイティが体験したような事と全く同じような体験をした女性がいた。
結局発狂したようになって死んだらしく、落ち込むケイティ。
だが、彼女が悪魔祓いをやってから悪化したと書いてあり、結局どうすれば良いか分からない2人。


その夜、寝ているケイティの足を誰かが引っ張っている、ベッドの下に落ちて目が覚めたケイティ。
彼女はそのまま引っ張られ、悲鳴を上げ飛び起きるミーカ。
すごい勢いで引っ張られていくケイティ。
ギリギリの所で助け出したミーカ。
ケイティの背中には何か大きなものに噛みつかれた様なあざが付いていた。


翌朝、精神的に限界のケイティは、車に乗って何処か行きたいと言い出す。
そうしようと用意するミーカ。
けれど、彼が荷物を車に積んで彼女を呼びに行くと、今度は行きたくないと言い出した。
今は家にいた方がいい気がする。
もう大丈夫な気がすると言う。
何がなんだか分からないミーカ。

不満の声を漏らしながら部屋を出て行くミーカ。
残された彼女はにっこりと笑いながら「もう大丈夫」とつぶやいた。

その夜、前と同じように彼女がぼーっと起き出した。
彼の方をじーっと見た瞬間、彼にかかっていたシーツがすぅーっとベッドの向こう側に落ちた。
ベッドの反対側に行って再び彼をじーっと、また30分以上も見つめた後、彼女はそのまま歩いて階下に行く。


次の瞬間、ものすごい勢いで彼女の悲鳴。ミーカに助けを求める悲鳴に飛び起きた彼は慌てて階下に走り降りる。
彼の悲鳴も入り混じって、ふと無音に。


しばらくしていつものドンドンという足音。

ドアが開いてカメラに向かって大きな何かがすごい勢いで吹っ飛んできた。

飛んできたのはミーカの死体だった。

投げたのはケイティ。(たぶん悪魔が乗移っている)

ミーカの背中を見つめてからカメラに目をやる。

ニヤっと笑った瞬間、ケイティの顔が悪魔の形相になってカメラ切れて、終わり。



私が書くとあんまり怖くないような・・・・


でもね、すごーーく怖かったのです。

何が怖いってね。もう日常生活なのですよ、普通のカップルの。

映像はすべて彼が買ったカメラのもの・・・という設定。

だから、本当にあったことのような感じなの。

で、最初に「この映像を提供してくれたミーカとケイティに感謝する」みたいなのが流れるのね。

そこで、「え?本当にあった話なの?」って思ったわけですよ。

でもたぶんこれフィクションだよなぁ・・・・と。



まぁとにかく、私は恐怖におののきながらその日の洗髪時には思いっきり目を開けたままでしたという事です。


機会があったら是非!









Tags: 

[ 2010/01/20 10:48 ] Movies | TB(0) | Comments(8)
わ~~~、怖いよぉ~~。
予告も途中までしか見られませんでした。
いつかきっと見たいからネタバレもすっとばしてここまでたどり着きました。

いいなぁ~、試写会。羨ましいです。
しかもご夫婦で!!更に羨ましいです。
ネタバレが気になります。。。どうしよう。
[ 2010/01/20 23:06 ] MasumiDiary [ Edit ]
こんばんは~~
私もこわいこわいと目を伏せながら見てしまう。。。
映画館では見られないと思うので(怖い・・・)
気になる気になる、、でも~~と思いながら
悩みつつネタバレ、、読んじゃったよ。
やっぱり読んじゃうと、ちょっと気になる。。。
夜に読むんではなかったかも~~?・・・・^^;
しかし、気になってはいた映画なので、よかったかも。ありがとう^^

[ 2010/01/21 00:16 ] spica-mm7 [ Edit ]
試写会いいな~。
でもそんなに怖いんじゃ絶対見に行かないとおもったんで
ネタばれ部分も読んじゃった!(笑)
っていうか、予告編見て、ayakoさんの記事を読むだけでも結構コワイよ。
この家庭用ビデオカメラ風の粗い画像が恐怖をあおるよね。
今夜思い出さないように気をつけなきゃ。。。
[ 2010/01/21 09:33 ] yurinippo [ Edit ]
>Masumiさん

Masumiさんは、いつか観るかもしれない派ですね?ふっふっふ

予告はそんなに怖くないですよ。
映画を観て怖がってる観客の映像がほとんどですから。

試写会、応募すれば結構当たるみたいなんで、これからはもっといっぱい送ろうと思います~

ネタバレは、観る予定があれば読まないほうがいいですよ。
[ 2010/01/21 14:25 ] lazybug [ Edit ]
>popotanさん

もう最近では自分で絶対見ないようにしてたんですけどねぇ~~
ただで映画が観れるってのに釣られてしまった自分が憎い!

アレから昼間1人で家にいるのが怖くって、早く旦那かえって来ないかなぁ~といつもはあんまり思わない事を思ったりして(笑)

こういう時子供がいればなぁ~って思います。←子供に頼るつもりか!

[ 2010/01/21 14:27 ] lazybug [ Edit ]
>yurinippoさん

ユリさんは怖いの苦手なのだよね?

そうそう、家庭用のカメラの映像ってのが、本物っぽくて実話っぽくて余計怖い!

前にもあったよね?低予算で作られたホラー映画で大ヒットしたやつ・・・。
どうしても名前が思い出せないよ。

アレから夜目覚めたりすると怖くて怖くて・・・(泣)
[ 2010/01/21 14:28 ] lazybug [ Edit ]
昨日の夜、来て見て、ちょっと「読もうかな~」と思ったけど、やっぱり夜遅くに
読んで後悔するのはイヤだな、と思い、今日、電車の中でケータイで読みました。
ちなみに、YouTubeは怖いといけないので、見ません・・・。

私は、例えばtomateさんみたいにホラー話の「ホ」の字も怖い、っていうことは
ないんだけど、でも、あまり得意ってわけでもないんで・・・。
映画館(たぶんTVでも)では絶対見ないから、楽しく読ませて頂きましたよん^^

電車内のワサワサの中で読んだら、楽しめました(怖さ緩和)!
すごーく怖い話は、誰かに筋書きを聞くっての、いいですね。
最後、映画で見たらショッキングに怖そうですね!
私は、むかーし見た「オーメン」の影響でいまだに数字の6が並ぶと怖かったりします。
[ 2010/01/21 23:59 ] lazyMiki [ Edit ]
>lazyMikiさん

電車の中はいいですね!
確かに怖さが緩和されるかもー

Youtubeの予告編はそんなに怖くないですよ。
怖い映像を見てびっくりしてる観客が沢山映されています。

私の文章では怖さ半減どころか、1割ぐらいになっているかもです。
実際はかなーーり怖かったです。

試写会だったので終わったあと感想を書いてきたんですが、それにあなたの恐怖度は?って欄があって、全部塗りつぶしておきました(笑)。

高校生とかが多かったんですが、みんな口々に「オチが最悪~」って言ってました。私はもうオチとかどうでも良いぐらい恐ろしかったので気にならなかったですけどね。
まぁ出来ればハッピーエンドが良かったっちゃぁ良かったですが・・・

ちなみに私も6が3つ並んでるとダミアンを思い出します。

[ 2010/01/22 20:33 ] lazybug [ Edit ]
Post your comment














管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。