Lazybug - Journal

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | コメント(-)

パンとお菓子と   

変わらず、パンもお菓子も焼いています。

 これはちょっと前になりますが、キャラメルパン。
小さく丸めるパンも好きだけど、ふっくら部分をたくさん食べたいパンは丸めた後にケーキ型に入れて大きなパンにします。
食パン型を使うときもあります。
自家製酵母を切らしてしまったので、これは白神こだま酵母を使いました。
こだま酵母は温水に溶かして使うのですが、その時なんだかぬかみそのような香りがします。
この匂いが苦手・・・・という人も少なくないみたい。
でも私は結構大丈夫、というか割りと好き。パンになったときはほん・・・の、少しだけ香る時もありますが、ほぼ分からないし、ココアや珈琲味のパンにした時は全くわかりません。
焼きたい時にすぐ焼けるので重宝しています。
でもそろそろまた自家製酵母を仕込もうかなぁ・・・・と思っています。
もうちょっと暖かくなってきた頃が丁度いいんだけどまぁいいか。

そして最近うちに常備しているのがカラメルソース。
作り方は簡単だし、保存もきくし、何にでも入れればすぐに大好きなカラメル味。
カラメルクリームソースも美味いけど、たくさん作って長期保存というわけにはいかないので、クリームはあまり作りません。

 先日も書いたけど最近はカラメルメレンゲばっかりです。

通常丸く小さく絞って焼くのですが、少し残して最後にこんな楽しい形にして焼いてみたりもします。
さくっとしててしゅっと溶けてしまってあっけないですが、母も私もこれが大好き。
簡単に出来るし美味しい~~~♪
お砂糖たくさんなのであまり食べ過ぎては・・・と思いつつ、ついつい手が伸びてしまう危険物でもあります。



作り方は凄く簡単。

□□ カラメルソース □□

グラニュー糖  200g
熱湯       大さじ1~2

■■ 作り方 ■■

ソースパンでグラニュー糖で溶かします。
鍋にグラニュー糖を入れて火にかけて少しずつ溶かしていきます。
こげ茶色になるまで焦がしてから火からおろします。
おろしたら用意しておいた熱湯を加えて手早く鍋をゆすります。
沸騰したようになってはねるので充分に気をつけて。
飴の部分が固まってしまったら再び弱火にかけて溶かします。
ソース状になったら煮沸消毒したビンに入れて常温保存できます。

************************************************

□□ カラメルメレンゲ □□

卵白      Lサイズ 2個分
グラニュー糖  95g~105g (お好みで)
カラメルソース  大さじ2~2.5ぐらい

■■ 作り方 ■■

卵白をしっかりとあわ立ててグラニュー糖、カラメルソースをそれぞれ2,3回に分けていれ、しっかりと角が立つぐらいにする。
絞り袋に入れて、クッキングシートをひいた天板に好きな形に絞る。
130度に余熱しておいたオーブンにいれ30分~40分(オーブンによるので様子を見ながら)焼く。


カラメルソースは生クリームに混ぜてケーキにのせたり、アイスクリームにかけて食べたり、作っておくと色々使えて便利です。
カレーにちょっと入れても美味しいです。


スポンサーサイト
[ 2006/03/15 12:07 ] Bread & Wild Yeast | TB(0) | Comments(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。