FC2ブログ

Lazybug - Journal

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | コメント(-)

通信教育で学ぶ洋服作り 第18回   

Aラインチュニックブラウスのトワルを組みました。

といっても、袖も衿も片方のみしかつけてないし、前立てなし、裾は切りっぱでございます。




着丈75cmにしたのですが、デフォルトの73でも良いかも。




衿はどうしようかと思いましたが、togaさんの提案のヘチマ衿にする事に。
でもヘチマ衿の書き方が分からなくて適当です。
ただ、色々検索してみると、ヘチマカラーはショールカラーの事で、セーラーカラーもショールカラーという事で、セーラーカラーの応用って感じで書けば大丈夫なのかなと判断。違うかしら。




一応後ろも。





袖。

フレアスリーブなんですが、シーチングが結構ハリがあるので綺麗にヒラヒラしませんね。
もうちょっと薄くて柔らかい布なら大丈夫かしら。


製図の段階で結構つまづいてしまって、なんだか見た目汚くなっちゃったので、本番用にもう一度書きたいと思います。

ただ、どの布で作るかが決まらない~~

出来れば手持ちの布の中から選びたいのだけどねぇ。


で、ウエスタン風のブラウスはどうしようかしら。
こちらも布が決まらない。







スポンサーサイト
[ 2009/11/01 16:05 ] Learning Dressmaking | TB(0) | Comments(4)

通信教育で学ぶ洋服作り 第17回 と おまけ   

ブラウスが遅々として進まない私です。


先日、質問券が返ってきました。
一緒に送ったスカートの課題はまだのようです。


今回私が質問したことは全部で6つ。

① 身頃に入れるダーツの量。原型を目安に・・・とテキストにはあるが、それは位置だけの事で分量はテキストにあるとおりでいいのか。

答え: よいです

② 袖の作図でカーブが凹から凸にかわるところや、出っ張りの0.6cm、0.3cmをとる正確な場所が分からない。一応描いてみたが全く自信が無いので作図を見て欲しい。

答え: 大丈夫です。綺麗に出来ています。

③ ヨークの縫い方は台襟付きシャツカラーブラウスを参考にしていますが、V字の所の縫い方や縫い代の始末が分からない。ダーツを取った時の縫い代の始末はどうすれば良いのか。

答え: 身頃のV字の角に切込みを入れて縫います。ダーツはスカートの時と同じですよ。

④衿のカーブの付け方、点線のカーブの付け方に何か目安になるような箇所があるのか。

答え:角が無いようになめらかな曲線で書けばよいです。

⑤ 袖の合印。後ろ袖はG線の位置でつけましたが、前はどこでとれば良いのか。

答え: 同じくG線の延長線上でとります。

⑥ 袖のカフスの付け方、タックのとり方は台襟付きシャツカラーブラウスと同じでよいのか。

答え: 良いです。


以上のような回答をいただきました。

いくつかはついでに一応聞いておきたいってのも含まれていて、今回は90%ぐらいは解決しました。

ダーツの始末の所がスカートと一緒ってのが???なのですけど。





なんか、アイロンかけたのだけど、色々いじっているうちにまたくしゃくしゃに・・・・・orz
そしてなんだかアイロンでシーチングが焦げる焦げる。
すぐ茶色く色づいちゃう。こんがりしてて美味しそう~~って・・・

醜い&見難いですが(シャレじゃないよ)、身頃の切り替え部分わかりますかね?

前身ごろは、片方だけでパーツが3つに分かれるのですよ(前立て含まず)。
1つはヨーク、身頃は縦に分かれてます。
で、外側のダーツは中心線でおってくの字に縫ってどちらかに倒すってのは想像できるのですが、ヨークのV字の中心線を通った切り替え線の所の縫い代は、2枚一緒にロックでどちらかに倒すのか、それぞれにロックをかけておいて、接いだ後縫い代を割るのか、その辺がよく分かりません。

う~~~む

とりあえずこれはシーチングで組み立てただけだし、課題として提出するのはやめておこうかなぁ・・・と弱気になってみたり。
でもなんか悔しいのよね。
ここまでやったのに縫い方でつまづいて提出しないのは。

でも結局はAラインのチュニックも作らなくちゃだし、一応両方作ってみてどちらを提出するか決めようかしら・・・。

って事は、まずはAラインの方のトワル組みをしなくちゃね。


で、おまけってのは・・・こちら。





しばらくミシンに触ってなかったので急に縫いたくなって、自分の帽子を縫いました。

以前はまりもののひなさんが縫ってらっしゃって、可愛い~~とその場でポチってしまったものの時間が無くてなかなか縫えなかったという帽子。

本来ダンボールニットのようにテンションが低い(あまり伸びない)ニットがおすすめみたいですが、好き過ぎて放置しすぎた縄編みちゃん(テンション高)で縫っちゃいました。
それでなくても大人用の一番でかいサイズな上にテンション高いからゆるい~~
せめて内布を気をつければよかったのに、以前タートルを縫ったWBさんのシャーリングニットとかなんとかいうこれまたテンション高いニットでして・・・(笑)
でも私のでかい頭も締め付けずにかぶり心地はとても良いのです。

ただ、天辺に続くカーブの所、ちゃんと丸みをつけたつもりなんですが、なんだかポチポチととがってしまってて、それがなんだか気になる。
かぶってもまんまるにはならなくて・・・これでいいのかな?って感じ。

まぁいいか。

裁断から1時間ぐらいで出来上がりました。
簡単なのでもっと縫いたい~・・・けど、このサイズしか買ってないので果たしてこのでかいサイズを誰かが欲しがるかが問題なのは内緒。



とりあえず既にかぶりまくってます。





[ 2009/10/30 13:07 ] Learning Dressmaking | TB(0) | Comments(5)

通信教育で学ぶ洋服作り 第16回    

ブラウス・・・・質問券はウエスタン風シャツブラウスの事を聞いたのですが、母本人に意見を聞いてみると、やはり普通の所謂「ブラウス、シャツ」よりは、チュニックのようなものの方が良いというので、近いのがあるかも・・・とテキストをパラパラ見ていると・・・





これが一番近いんじゃないかしら。

色々な衿の形を解説しているページだけども、身頃のシルエットがこれだけAラインなので、身頃の作図も簡単に説明してあるみたい。


でもさすがにね、セーラーカラーはね、アレなんで・・・・


衿を何にするかは後で考えましょうって事で、身頃と袖を書いてみました。





身頃はテキスト通り。
前も後ろもそれぞれ三角の部分がゆとりとなります。


で、袖は原型どおり・・・となっていたのですが、フレアスリーブがいいかなぁ~~と。
でもブラウスのテキストには載ってないのですね。

なので、最近たまにチラ見しているワンピースのテキストを参考に書きました。






めめ・・・・・めんどうくさい・・・・


① まず原型のままを書いて、切り開く部分に線を入れる
② 袖口が後ろ下がりになるようにカーブをつける
③ 切り開く
④ 出来上がり線をなめらかなカーブに引きなおす。


とりあえず実物大の作図が出来たらシーチングで組み立ててみるところまでやってみたいと思います。


さぁ~て、衿はどうしようかなぁ・・・・








[ 2009/10/27 15:45 ] Learning Dressmaking | TB(0) | Comments(4)

通信教育で学ぶ洋服作り 道具編2   

一昨日、日本では初めてCOSTCO行って、興奮して自分の体力も考えずガンガン歩き回ってしまったせいか、昨日は普段の運動不足っぷりが体に如実に現れて、使い物にならず・・・・なんとなさけない!

今日はようやくお勉強しようかなという気になり、ブラウスについての質問券が返って来るまで何をしてようかなぁ~なんて考えてました。

ワンピースのテキストを予習しておくのもいいけど、そろそろ応用で自分で一からパターン作りしてみようかなぁ~とか畏れ多い事が頭をよぎったり。
で、まぁとりあえず久しぶりに原型の練習をしようと。

定期的に原型ひいておかないとなんか忘れそうな気がして。
今回は基礎のテキストに載っている「文化服装学院女子学生参考寸法 1998」のサイズでやってみました。

で、ひきおわって、さぁて、これを元に何かシンプルなチュニックの縮図でも・・・なんてのんびり思っていたら、ピンポーン!

頼んでおいた道具類が届きました。

お初の文化の購買部オンラインショップ。
受講生だと割引とかあるのかしら・・・ぐふふ・・とか思ってましたが別に無いみたいっすね・・・

で、買ったのはこちら。




取り急ぎ必要だったのは文鎮。
今までは、夫と義弟が中学校の技術の時間に作った文鎮をずっと使ってました。
が、やっぱり2つじゃ足りない・・・
洋裁用のを買い足そうとずっと思っていたのですが、なんとなく手が出なくて。

で最近、実物大の作図をパターン用紙に写し取る時にもうMAXで不便を感じたので、ようやく決心して注文。
文化の文鎮、色んな色があって可愛いです。
白・桃・紫を1つずつ買いました。

写真はなんかちゃんとした色がなかなかでないですねぇ・・・

白は普通に真っ白です。桃はCHASSEURのピンクをほんのちょっぴり濃くしたような色です。
紫は、青よりのくすんだ感じでとっても好み♪

あー買ってよかった!
すごく可愛いです。赤も買えば良かった・・・・渋い赤で可愛いのです。

まだ使ってないので使い心地はまだ分かりませんけど、ちょっとそこら辺置いておくのも可愛いかも。


あと、これ。





洋裁用のテンプレートです。
パターンを書く時の記号が沢山。

ギャザーの波線といせる、伸ばすの矢印




「わ」になる部分の二重の半円。いつもコンパスで書いてて面倒だったのでこれは嬉しい。




スナップやかぎホック、ボタンホールと方向線。




何気に嬉しいのが、左下の直角の印。
ここは直角でっせという所につける印なんですが、何気に気を使う部分でもあるので。印が直角じゃないと意味ないものね。




あとは、チャコライナーの替えの粉を買いました。

全部で送料入れて5千円以内に収まりました。よかった・・。

あと、実は先日近所のお店で製図用ルーラーを1本買い足してます。
普通のまっすぐな50cmのものだけど洋裁用です。
前から持ってるものよりも薄くてペランペランでくるっと曲げてアームホールも測れちゃうぐらい。

縫い代をつけるのに不便で買いました。
使い心地は・・・すごく良いです。前にも書いたかもしれませんが、薄くて柔らかい方が紙にピタっと張り付いて使いやすいです。これは買って正解。作業の効率がほんの少し上がった気がします♪

さて、次は原型からどんなパターンをおこそうかしら・・・・。

それともワンピースを予習しておく??







[ 2009/10/23 12:59 ] Learning Dressmaking | TB(0) | Comments(16)

通信教育で学ぶ洋服作り 第15回    

ようやくスカートの写真撮りました。

既に出来上がってるのにいったいいつになったら提出するんだって感じですね。
明日送ろうと思います。

で、スカートなんですが、もう全然ちゃんとした写真が撮れませんでした。
表情のある布なので、ダーツとかベンツとか写真に撮っても一見何もない普通な状態に見えてしまうのですよ。

という事で、表側は適当に、内側を中心にという事で。




中学の家庭科の時間以来のベルト芯入りでっせ。




ファスナー部分(裏側)。

キュプラなんて使ったこと無かったんで静電気にビクビクしながら扱いました。




きわは、まつってあり、その5mmぐらい外側に星止め。
この星止めってのも名前ぐらいは聞いた事あったのですが、見るのもやるのも初めて。
裏地がファスナーにかまれないように留めるのが目的だとか。




ベンツ部分(裏側)。




ここの裾部分にも1/4円型に星止め。




表から見るとこう。
でもやっぱり分かりにくいですね。


こんな感じでスカートは出来上がり。
細かいところを見ると気になるところだらけなのですが、もうこのまま出してしまいます。
なんか今回は80点台キープの目標が早くもダメかも・・・なんてちょっと弱気でございます。

いやでも、こんなに手縫い部分が多いとは思いませんでした。
でもなんだか新鮮で、手でチクチクと裏地をまつりながらゆっくりテレビ観たりも出来たので楽しいことは楽しかったです。


さてさて、お次はブラウスです。






なんか、BATMANのマークみたい?

これ、ウエスタン風シャツブラウスの後ろヨークの部分です。

シーチングで既に組んではあるのですが、ママンにまだ試着してもらってないのと、縫い代の始末とか分からない事が多いので、↑のスカートを送るのと同時にブラウスの質問券も送ろうかなと。

でもなんか自分がやってみたいってだけでこの形にしちゃったけど、シーチングで縫ってみてやっぱりママンには合わない気がする・・とか思い始めてきました。
さて、どうしようかな。
もっと女らしい落ち着いたデザインのブラウスがいいかなぁ~





[ 2009/10/18 20:20 ] Learning Dressmaking | TB(0) | Comments(8)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。